ESTA申請について

ESTA申請について

ESTAが必要な人は、アメリカ合衆国50州へ渡航する予定がある人、これにはハワイやアラスカも含まれます。
アメリカを経由して北米や中南米へ渡航する予定のある人です。
ESTAの申請条件は次の通りです。
ビザ免除プログラムの対象国になっている国籍を持っている人。
日本もこれに該当します。
アメリカでの滞在期間を90日以内にしていること。
アメリカへの渡航目的が観光やビジネスあるいは通過のためである人。
有効なパスポートを持っていること。
往復分あるいは次の目的地までの航空券や乗船券を持っていること。
以上の条件を満たしている場合には、ESTA申請を行うことができます。カリビアンコム 無修正

 

申請するにあたって注意しなければいけないことは、渡航する72時間前までにESTA申請を完了するようにアメリカ政府が求めているので早急な対応をしてください。
ESTAの有効期限は2年あるので、基本的にはアメリカへの渡航が決まったらすぐに申請しておくといいと思います。
申請するときには、パスポート情報を入力する必要があるため、パスポートを用意してください。
パスポートの有効期限が切れているとか、パスポートをまだ持っていないなどの理由で手元にない場合には、先にパスポートの取得をしてください。

 

ESTA申請を旅行会社や業者などに委託することもできます。
しかしその場合には代行手数料がとられます。
代行手数料は3,000円から7,000円前後が相場となっています。
ちなみに大手旅行会社の代行手数料は、JTBが4,200円、近畿日本ツーリストが5,250円、日本旅行が4,200円、HISが6,300円、地球の歩き方が4,000円となっています。